[保存版] iPhoneのスリープボタンやホームボタンが効かない時の対処法

スポンサーリンク




iPhoneの故障で意外と多いのがホームボタン、スリープボタンの故障です。

ボタンが陥没したまま使えなくなってしまったり、落とした衝撃で使えなくなってしまったり、

iPhoneのホームボタンとスリープボタンの故障の原因は様々ですが、故障の多い個所には間違いないです。

 

今回はiPhoneの故障によってホームボタンやスリープボタン、音量ボタンなどが使えなくなった時に活用する機能の、

Assistive Touch(アシスティブタッチ)について解説していきます。

 

iPhoneのAssistive Touch(アシスティブタッチ)機能の設定方法

iPhoneのAssistive Touch(アシスティブタッチ)機能とはiPhone上の特定の設定項目を調節できる機能です。

 

設定方法は

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」の順にタップして、「Assistive Touch」をオンにする。

または、Siriに「Assistive Touchを有効にして」とお願いしても設定可能です。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」でAssistive Touchにチェックをいれておくと、

ホームボタン3回押しでAssistive Touchを表示させたり消したりする事もできます。

 

Assistive Touch(アシスティブタッチ)機能を有効にすると、画面上にAssistive Touch(仮想ボタンのようなもの)が出現します。

このAssistive Touchはスライドさせると好きな場所に移動可能なので、好きな場所に置くことが出来ます。

 

iPhoneのAssistive Touch(アシスティブタッチ)機能はホームボタンやスリープボタンの代用可能!

iPhoneのホームボタン、スリープボタン、音量ボタン、サイレントスイッチなど、物理的なボタンが故障してしまった時は、

このAssistive Touch(アシスティブタッチ)機能が活躍する出番です!

Assistive Touch(アシスティブタッチ)機能をタップすると、「ホーム」と言う項目があります。

この「ホーム」の項目はホームボタンの代わりになります。

もちろんダブルタップしてマルチタスク(過去使用したアプリ)を出すことも可能です。

 

Assistive Touch(アシスティブタッチ)の「デバイス」の項目をタップすると、

画面をロック、音量を上げる、音量を下げる、消音などの項目が出てきます。

「画面をロック」のボタンはスリープボタンの代わりになり、長押しする事で、電源を落とす事も可能です。
スポンサーリンク



Assistive Touch(アシスティブタッチ)機能でスクリーンショットも片手で可能!

Assistive Touchを押して、「デバイス」→「その他」と進むと

「スクリーンショット」の項目が出てきます。

通常スクリーンショットを撮影する時はホームボタンとスリープボタンを同時押しする必要があるのですが、

Assistive Touchを使えば両手を使うことなくiPhoneでスクリーンショットの撮影を簡単に行えます。

 

この機能を使えば、iPhoneでスクリーンショットを撮る時に失敗することもありません。

 

Assistive Touchの内容は自分に合わせて変更(カスタム)可能!

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」の順にタップして、

「最上位メニューをカスタマイズ」という項目を開くと、Assistive Touchの内容を自分好みに変更する事ができます。

 

例えば、ホームボタンがきかない人の場合は、「ホームボタン」と「スクリーンショット」の項目だけを選ぶことにより、

Assistive Touchをタッチした時にこの2つの項目のみを表示、使用することができるようになります。

もちろん場合によっては「画面をロック」「消音」など様々な項目を追加したり減らしたりと変更可能ですので、

自分好みのAssistive Touchを完成させましょう!

 

まとめ

今回紹介したAssistive Touch(アシスティブタッチ)の機能はホームボタンや電源ボタン(スリープボタン)が反応しなくなった時にとても便利な機能です。

ホームボタンやスリープボタンが故障していなくても、様々な機能を呼び出すショートカット的な役割もできますので、

慣れればすごく使いやすい機能になっています。

ただし、iPhoneでゲームをする時や全画面で動画を見る時には少し邪魔になるかもしれないので、ホームボタンの3回押しで表示したり、消したりする設定をしていれば、非常に便利です。

是非1度Assistive Touchを試してみてください(^_-)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*