iPhoneの本体容量とアクティベーションロック(iPhoneを探す)の確認方法!

スポンサーリンク



iPhoneを使用している人の半分ぐらいは自分の持っているiPhoneの容量が何GBなのか忘れてしまっているようです。

自分のiPhoneの容量が気になったり、

オークションなどでiPhoneを購入する時にそのiPhoneの容量が何GBなのか気になるが、出品者は何GBか知らない時に、

iPhoneの容量が何GBなのかをすぐに分かる方法を知っておけば役に立ちます。

 

iPhoneの本体容量の確認方法は二種類ある!

iPhoneの本体容量の確認方法は2種類あります。

ちなみに、iPhoneの本体容量は機種によって最低容量、最大容量が異なりますので、

こちらの表で確認してください。

機種名 本体容量(GB)
iPhone7、7plus 32、128、256
iPhone6s、6splus、6plus 16、64、128
iPhone6 16、32、64、128
iPhoneSE 16、64
iPhone5、5s 16、32、64
iPhone5c 8、16、32
iPhone4s 8、16、32、64
iPhone4、3GS 8、16、32
iPhone3G 8、16

 

iPhoneの設定画面からiPhoneの本体容量を調べる方法!

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」と進んだところの「容量」という項目を確認する事で、

そのiPhoneの本体の容量を確認する事ができます。

ここで確認できるGB数は16、32、64、128などの容量のiPhoneを購入していたとしても、

約4~10GB減っている数字になっているはずです。

この減っている4~10GBはiosやiPhoneを動かすために必要なシステム(削除不可能)の容量になります。

私の使用しているiPhone6の16GBで12GB

もう一台のiPhone6s64GBでは55.6GBと表示されています。

この容量に書かれている数字に一番近いGB数(上の表を参考に)がiPhoneの実際の本体容量になります。

 

iPhoneの使用可能容量、空き容量も確認できる!

「設定」→「一般」→「情報」で本体容量を確認する際には、

あとどれくらいiPhoneの中にデータを入れる事ができるか?」も確認する事ができます。

「容量」の項目の下に「使用可能」の項目があるので、そこをチェックすれば、あとどれくらいデータが入れられるかが分かります。

もし「使用可能容量」が少ない場合は、クラウドやixpandなどの機器にデータを移して容量をあけましょう!

iPhoneの容量がパンパンになってしまうと、カメラで撮った写真が保存できなくなったり、アプリをインストールできなくなってしまいますのでご注意ください。

超簡単!ixpandで利用していたiPhoneからiPhone7へのデータ移行[wifi,パソコン不要]

2016.11.26

超簡単!iPhoneの写真をパソコン不要で移動させる神アプリ!

2016.08.04

 

どのアプリがどれくらい容量を使っているかを確認する方法

「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの情報」→「ストレージを管理」と進むと、

どのアプリがどれくらいiPhoneの容量を使っているか確認する事ができます。

使っていないアプリが思いのほか容量をくっていたりするので、空き容量を確保したい時はここをチェックしましょう。

スポンサーリンク



IMEIからiPhoneの本体容量を確認する方法

手元にないiPhoneの本体容量を確認したい時はIMEI(携帯の製造番号)を使ってそのiPhoneの本体容量を確認する事ができます。

手順は簡単で、http://iunlocker.net/check_imei.phpコチラのサイトでiPhoneのIMEIを入力してcheckボタンを押すだけです。

IMEIを元にiPhoneの機種、本体容量カラーなどの詳細が見ることができます。

 

IMEIからiPhoneのアクティベーションロックの有無も確認できる

先程のサイトにIMEIを打ち込むと、そのiPhoneの「iPhoneを探す」がオンになっているかオフになっているかも確認できます。

判別結果の「Find My iPhone」という項目が「iPhoneを探す」の機能の事を指しているので、onかoffかを確認しましょう。

 

「iPhoneを探す」とアクティベーションロックについて

「iPhoneを探す」の機能がオンになっている状態で初期化をするとアクティベーションロックがかかります。

アクティベーションロックとは、iPhoneの防犯装置のようなもので、iPhoneを他の人に使用させないための防犯対策です。

アクティベーションロックを解除するには紐づけた「Apple ID 」と「パスワード」が必要になります。

つまり、(AppleIDとパスワードを知っている)使用者しか解除できません。

 

このアクティベーションロックがかかったiPhoneをオークションなどで購入してしまうと、アクティベーション(起動時の初期設定)を終えることができなくなってしまいますので、iPhoneが使用できません。

オークションや他人からiPhoneを貰う時にはこのアクティベーションロックの有無は必ず確認しましょう!

「iPhoneを探す」をオフにすればアクティベーションロックはかかりませんので、iPhone購入の際はiPhoneを探すがオフになっている(オフにしてもらって)iPhoneを購入しましょう!

 

まとめ

今回はiPhoneの本体容量の確認方法と、アクティベーションロックの有無(iPhoneを探す)の確認方法について解説していきました。

オークションなどでiPhoneを購入する時、他人からiPhoneを貰う時などに参考にしてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*