2018年3月に行われる注目のico、Friendz(FDZ)の評価

2018年は様々な企業がICOに参加を表明していますね!

また、先日はノアコインのICOもかなり話題になっていましたね!

私もノアコインは少しだけ購入してみました。

ですが、2018年3月1日から、ノアコインよりも期待できる(個人的に)注目のICOが開始されるので、今回ご紹介しておきます。

ICOを調べる時、結構英語のサイトや文章を読まなければいけないことも多いので、結構大変ですよね。。。

今回のICOは私も参加するICOなので、私が調べた情報をわかりやすいようにまとめておきました。

有望なICO案件を探している方は是非参考にしてみてください!

 

人によってICOへの参加を決める基準は様々だと思いますが、私の場合は以下の4点を重点的に見ています。

・コンテンツやサービスに価値があるか(多くの人にとって)
・スポンサーやクライアント企業の質
・上場予定があるか
・ICO評価サイトで高評価を獲得しているか

これらの条件を満たしていて、2018年3月に開始される注目のICO

Friendz(FDZ)というICOになります。

Friendz(FDZ)は上場も決定していて、すでにコンテンツも稼働している案件なので、

おそらくかなり人気のICO案件になると思われます。

そんなFriendz(FDZ)についてまとめてみたので、よかったら参考にしてみてください。

 

Friendz(FDZ)とは?

3月の大注目ICO案件のFriendz(FDZ)の紹介です。

 

Friendzが提供するサービスはSNSです。

今から1から開発するのではなく、現在SNSは稼働していて、ユーザーは20万人以上、収益は1.5億円を超えています。

Friendzの提供しているSNSは写真投稿型のSNSで、今のInstagramのような感じです。

Instagramと異なる点は、

Friendzで写真を撮影し投稿すると、LIKE(いいね!)や閲覧数などに応じて報酬がもらえます。

投稿者は報酬が貰える、閲覧者は投稿を無料で見られる。

Friendzは報酬はスポンサーから集める。スポンサーは広告費としてFriendzに支払う。

という構造になっています。

YouTubeみたいな構造ですので、投稿者は閲覧数によって報酬をもらうことができます。

投稿者が閲覧数によって報酬を受け取ることが出来て、サービスが拡大していけば、

現在InstagramやツイッターなどのSNSでたくさんのフォロワーを持っている人たちも参入してくることが想像できます。(昔のニコニコ動画の投稿主がYoutubeに移行したように)

もちろん新しくFriendzでのスターも生まれることでしょう。

今回のICOはFriendzの今後のサービス拡大のための資金集めとなるみたいですね!

 

クライアント(取引先)も大手企業が多数(200社以上)参加

Friendzの提供しているSNSの構造だと、SNSに広告を出す企業がいないと成立しません。

Friendzのクライアント(取引先)企業は現在200社を超えており

Friendzはスイスの会社ですが、TOYOTA、SONY、Nestle、PHILIPS、Jeepなど日本人の私でも知っている大手企業も多数参加しています。

 

Friendz(FDZ)の上場予定

Friendz(FDZ)は4/1に上場予定となっています。

3月1日にプレセール開始で4/1に上場予定ということで資金ロックの期間が非常に短いのも魅力です。

Friendzが上場予定している取引所は、Friendzのパートナー企業でもあるThe Rock Trading LTDという取引所になります。

もちろん、他の取引所への上場もされるでしょうが、今はまだ未公開(coming soon)となっています。

上場する取引所が明確なのもICO案件にとってはかなりのプラス材料ですね!

 

Friendz(FDZ)の評価は?

上記に解説したように、すでに成立しているコンテンツがある事、明確な上場予定があることから、

FriendzのICO案件としての評価は非常に高い、リスクの低いものとなっています。

海外サイトでICOの評価を行っている大手サイト「ICObench」でも5点満点中4.8点の高い評価を得ています。

※ICObenchでは専門家たちが色々な審査基準でICO案件を評価していますので、しっかりとチェックしておきましょう!4.8点を貰うことは非常に稀です。

スポンサーリンク



 

Friendz(FDZ)のICO購入期間、購入方法

Friendz(FDZ)の概要は下記のとおりです

TOKEN NAME:Friendz coin

TOKEN SYMBOL:FDZ

合計FDZ:1,500,000,000 FDZ

ハードキャップ:750,000,000 FDZ

ソフトキャップ:50,000,000 FDZ

排出係数:新しいトークンは作成されません。未売りのトークンはすべて破棄されます。

最小取引金額:0.1 ETH(ETHのみ受付可)

TOKEN VALUE:1 FDZ = 0.067 USD

総配信:スマート契約は、ETHの転送が成功した後すぐにトークンを配布されます。

Friendz(FDZ)の購入期間

Friendz(FDZ)の購入期間は3/1 ~3/21で購入時期によってボーナスが異なります。

3/1 ICO POWER HOUR

価格:0.048ドル

ボーナス:40%

備考:3/1のみ

ICO POWER HOURで購入すると40%のボーナスが付与されます。

しかし、配布されたトークン(FDZ)はロックがかかり売買することができません。

このFDZのロックは1か月に1/12(12分の1)ずつ解除されます。

長期ホールドで考えている人は3/1のICO POWER HOURで購入するとよいでしょう。

 

3/1 ICO DAY1

価格:0.056ドル

ボーナス:20%

備考:3/1のみ

ICO POWER HOURと違い、トークン(FDZ)のロック期間なしなので、上場後すぐに売買することが可能です。

私はここで購入しようと思っています。

 

3/1~3/7 ICO week1

価格:0.061ドル

ボーナス:10%

備考:3/1~3/7

トークンのロックはありません。

 

3/9~3/21

価格:0.067ドル

ボーナス:0%

備考:3/9~3/21

トークンのロックはありません。

 

Friendz(FDZ)の購入方法

Friendz(FDZ)を購入するには、ICO参加のアカウント作成しておく必要があります。

そこで購入予定金額やウォレットの設定をしておく必要があります。

※ウォレットのは取引所のウォレットではなく、マイイーサウォレットなどのERC20 に対応しているウォレットで登録するようにしてください。

また、1ETH(イーサリアム)以上購入希望の方は、KYC(本人確認等)が必要になりますので、

1ETH(イーサリアム)以上購入希望の方はKYCも済ませておきましょう!

(パスポートor運転免許証orマイナンバーカードの提出が必要です。)

 

まとめ

3月1日開始の注目のICO、Friendz(FDZ)はICO案件の中でも上場が決定していて、リスクが少なく資金ロックの期間も短いので、個人的には期待しています。

短期的に上場後に売って利益を出すことや、長期ホールドして大きい利益を狙いに行くのもアリなのかなと思っています。

私は、購入できたら、上場後に半数ほど売却して、半数はホールドしておこうかなと思っています。

スポンサーリンク



ICO参加の時に円からETH(イーサリアム)にするには、

仮想通貨取引所のZaifがオススメです。

Zaifは販売所ではなく、取引所でETHを購入できるので、

ビットフライヤーなどの販売所よりも安くETHを購入することができます。

ZaifでETH購入→ウォレットに送金→ICO参加という流れになります。

Zaifから直接ICOに送金すると、ICOで購入したトークンが受け取れませんのでご注意ください。

Zaif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*